西島悠也が魅せられた野鳥たち。

西島悠也|バードウォッチングとは?

西島悠也

私はバードウォッチングが趣味だ。いや日常からハトやスズメなど野鳥を見ているのでバードウォッチングが【日常】とも言える。

 

そもそもバードウォッチングとは紹介しよう。

 

バードウォッチングは野鳥観察ともよばれ、野鳥を観察する趣味の事である。同じ趣味の仲間内では鳥見(とりみ)と呼ばれることも多い。
この趣味を楽しむ者は野鳥観察家またはバードウォッチャーと周りから呼ばれる。

 

このバードウォッチングの発祥地はイギリスを中心としたヨーロッパであり、現在では英語圏のアメリカ合衆国にもこの趣味を楽しむ人が多い。

 

楽しむ秘訣は、まず初心者なら鳴き声や姿を垣間見ただけでは種類の同定が難しいことが多く、経験者に同行すること。
最初のうちは、観察した種類数を増やしていくのが楽しい趣味だが、近場でひととおりの種類を観察すると、その先は生態に興味を持ったり見たことのない種類を観察する為、遠出したりと楽しみに広がりが出てくる。

 

鳴き声も綺麗でバードウォッチングをすると心が洗われる様にリラックス出来るのだ。

 

ただ鳥を見るのではなく注意深く日常生活に関わる、鳥を見ることでまだ見た事のない鳥たちの神秘的な一面に出会えるかもしれない。